講師をカテゴリーで探す

佐々木 俊尚(ささき としなお)

1961年 兵庫県生まれ

作家
ジャーナリスト

学歴
愛知県立岡崎高校 卒業
早稲田大政経学部政治学科 中退
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「人工知能(AI)は日本の産業をどう変えるか」
「第4次産業革命と産業の未来」
「テクノロジー時代の新しいライフスタイルと住まい」
主な著書
「電子書籍の衝撃-本はいかに崩壊し、いかに復活するか?」(2010年度 大川出版賞受賞)
「広く弱くつながって生きる」(幻冬舎新書)
「思想的リーダーが世論を動かす」(監修・パンローリング)
「新しいメディアの教科書」(NHK出版新書)
「そして、暮らしは共同体になる」(KTC中央出版)
「『21世紀の自由論『優しいリアリズム』の時代へ」(NHK出版新書)
「家めしこそ、最高のごちそうである。簡単、なのに美味い!」(マガジンハウス)
「いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル」(マガジンハウス)
「自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~」(大和書房)
「レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる」(NHK出版新書)
「キュレーションの時代『つながり』の情報革命が始まる」(ちくま新書)
「『当事者』の時代」(光文社新書)  他多数
経歴
毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆・発信している。電通総研フェロー。総務省情報通信白書編集委員。Twitterのフォロワーは約78万人。東京・長野・福井の三拠点移動生活中。
<メディア出演>
NHK Eテレ「世界へ発信!SNS英語術」レギュラー解説者
文化放送「ニュースマスターズ」火曜日レギュラー
<肩書>
一般社団法人シェアリングエコノミー協会アドバイザー
福井県美浜町多拠点活動アドバイザー




 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791