講師をカテゴリーで探す

柳川 範之(やながわ のりゆき)

1963年生まれ

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

学歴
慶應義塾大学経済学部 通信教育課程卒業
東京大学大学院経済学研究科 修士課程終了
東京大学大学院経済学研究科 博士課程終了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「40歳からの会社に頼らない働き方」
「日本経済の課題と処方箋」
「技術革新が金融・産業構造に与える影響」
「東大教授柳川範之先生が教える独学勉強法セミナー」
「フィンテックは金融と経済をどう変えるか」
「ロボット・AI時代に求められる社会・企業・人材とは」
主な著書
「法と企業行動の経済分析」(第50回日経・経済図書文化賞受賞)
「東大教授が教える知的に考える練習」(草思社)
「東大教授が教える独学勉強法」(草思社文庫)
「東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ」 (日本経済新聞出版社)
「東大教授が教える独学勉強法」(草思社)
「40歳からの会社に頼らない働き方」(文芸春秋)
「日本成長戦略40歳定年制 経済と雇用の心配がなくなる日」(さくら舎)
「元気と勇気が湧いてくる経済の考え方」(日本経済新聞出版社)
「独学という道もある」(ちくまプリマ―新書)
経歴
1983年10月 大学入学資格検定試験合格
1988年 3月 慶應義塾大学経済学部 通信教育課程卒業
1991年 3月 東京大学大学院経済学研究科 修士課程終了
1993年 3月 東京大学大学院経済学研究科 博士課程終了
1993年 4月 慶應義塾大学経済学部専任講師
1996年 4月 東京大学大学院経済学研究科助教授
2007年 4月 制度変更により東京大学大学院経済学研究科准教授
2011年12月 東京大学大学院経済学研究科教授  現在に至る
中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶応義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。大学時代はシンガポールで通信教育を受けながら独学生活を続ける。大学を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。契約理論や金融関連の研究を行うかたわら、自身の体験をもとに、おもに若い人たちに向けて学問の面白さを伝えている。
<学会活動・その他>
NIRA 総合研究開発機構 理事/日本応用経済学会 理事/法と経済学会 理事/事業再生実務者協会 常務理事
<研究分野>
金融契約/法と経済学




 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791