講師をカテゴリーで探す

芳賀 繁(はが しげる)

1953年 生まれ

立教大学現代心理学部心理学科 教授

学歴
1977年 京都大学大学院 修士課程(心理学専攻)修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「事故がなくならない理由~安全対策の落とし穴」
「ヒューマンエラーのメカニズムと新しい安全マネジメント」
「ヒューマンエラーは裁けるか 安全で公正な文化を築くには」
「うっかりミスはなぜ起きる ヒューマンエラーの人間科学」
「柔軟性と強さを併せ持った『しなやかな現場力』がマネジメントを変える」
「うっかりミスのメカニズムとヒューマンエラー事故防止」
「新しい安全マネジメントの考え方~しなやかな現場力を創るには~」
「ミスをしない人間はいない~ヒューマンエラーの研究~」
「うっかりミスには寛容に、違反には厳しく」
主な著書
「事故がなくならない理由(わけ)」(PHP新書)
「絵でみる失敗のしくみ」(日本能率協会マネジメントセンター)
「失敗のメカニズム」(角川ソフィア文庫)
「失敗の心理学」(日経ビジネス人文庫)
「注意と安全」(共著・北大路書房)
「事故と安全の心理学」(共著・東京大学出版会)
「交通事故はなぜなくならないか リスク行動の心理学」(翻訳,G.ワイルド著・新曜社)
「ヒューマンエラーは裁けるか安全で公正な文化を築くには」(監訳,S.デッカー著・東京大学出版会)
経歴
大学院修了後、国鉄に就職し,鉄道労働科学研究所,JR鉄道総合技術研究所で鉄道の安全に関わる心理学,人間工学の研究に携わる。1995年,東和大学工学部経営工学科に移り,1998年,立教大学文学部心理学科を経て2006年4月から現職。大学での教育・研究,学会活動のほか,運輸安全委員会業務改善有識者会議委員,北近畿タンゴ鉄道外部安全評価委員,JR西日本「安全研究推進委員会」委員,日本航空「安全アドバイザリーグループ」メンバー,京王電鉄安全アドバイザー,朝日航洋安全アドバイザーなどを兼任。専門分野は産業心理学,交通心理学,人間工学。



 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791