講師をカテゴリーで探す

竹内 薫(たけうち かおる)

1960年 東京生まれ

サイエンス作家
理学博士(Ph.D.)

学歴
東京大学 教養学部教養学科 卒業(専攻、科学史・科学哲学)
東京大学 理学部物理学科 卒業
マギル大学大学院 博士課程 修了(専攻、高エネルギー物理学理論)
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「今注目のサイエンス・ニュース」
「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための発想法」
「才能をつぶす子育て、伸ばす子育て」
「人工知能の進化~共存し、生き残る道とは」
「未来に勝ち残る企業になるために~新しい社員の働き方をつくる~」
「組織活性化のための仮説思考 ~思い込みを捨て組織力アップ~」
「ビジネスで活きる科学的視点~理系バカと文系バカ~」
「なぜ勉強するのか?ビリからの竹内流戦略的勉強法」
「未来で働くために必要なこと~今存在しない職業に就く君たちへ~」
主な著書
「文系のための理数センス養成講座」(新潮新書)
「教養バカ」(SBクリエイティブ新書)
「学年ビリから東大へ進み、作家になった私の勉強法」(PHP研究所)
「まだ誰も解けていない科学の未解決問題」(中径出版)
「宇宙のかけら」(単行本)
「思考のレッスン 発想の原点はどこにあるのか」※茂木健一郎氏との共著(講談社)
「コマ大数学科 特別集中講座」(扶桑社)
「体感する数学」(エンターブレイン)
「不完全性定理とはなにか」(講談社ブルーバックス)
「知的生産のための科学的仮説思考」(日本能率協会マネジメントセンター)
「面白くて眠れなくなる素粒子」(PHP研究所)
「ヒッグス粒子と宇宙創成」(日本経済新聞出版社)
「怖くて眠れなくなる科学」(PHP研究所)   他多数
<掲載>
週刊新潮「サイエンス宅配便」・日経新聞「今週の3冊」
経歴
大学院を修了後、サイエンスライターとして活動。物理学の解説書や科学評論を中心に100冊あまりの著作物を発刊。2006年には「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」(光文社新書)を出版し、40万部を越えるベストセラーとなる。物理、数学、脳、宇宙、・・・など幅広い科学ジャンルで発信を続け執筆だけでなく、テレビ、ラジオ、講演など精力的に活動している。また大の猫好きでもあり、著作物の中に猫(シュレディンガーの猫)も度々登場する。「JAXA経営に関する懇談会委員・外部広報委員」、「内閣府 総合科学技術・イノベーション会議構成員」、「文部科学省 科学技術白書表紙絵・デザインコンクール選考委員」などを歴任。
<テレビ出演>
NHK Eテレ「サイエンスZERO」・TBS「あさチャン」・「ひるおび!」




 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791