講師をカテゴリーで探す

江上 剛(えがみ ごう)

1954年生まれ 兵庫県出身

作家

学歴
早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「これからの日本経済と企業の進むべき道」
「起死回生―時代を生きぬく経営力」
「成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~」
「日本の再生のカギはアジアにあり~アジアビジネス最前線」
「ビジネスマンの幸福論」
「組織における決断と責任、中小企業の再生へのヒント」
主な著書
「働き方という病」(徳間書店)
「家電の神様」(講談社文庫)
「庶務行員 多加賀主水が許さない」(祥伝社文庫)
「天あり、命(めい)あり」(PHP研究所)
「会社という病」(講談社)
「ザ・ブラックカンパニー」(光文社)
「腐蝕の王国」(幻冬舎文庫)
「退職歓奨」(実業之日本社文庫)
「帝都を復興せよ」(光文社文庫)
「ビジネスマンのための『幸福論』」(祥伝社新書)
「銀行支店長、走る」(実業之日本社)
「慟哭の家」(ポプラ社)
「成り上がり」(PHP新書) 他多数
<掲載>
「ダイヤモンド・オンライン」・「日刊ゲンダイ」・「WEDGE」 他多数
経歴
卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。モーレツ銀行マンとして、数々の不祥事解決に手腕を揮う。梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を務める。2003年3月に退行。1997年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。銀行員としての傍ら、2002年「非情銀行」で小説家デビュー。2003年退行後、作家として本格的に活動。「失格社員」(新潮社)はベストセラーに。「クラレ」や「JAL」等大企業を題材とした小説も多く、入念な取材を基に、リアルな社内模様を描いている。
<テレビ出演>
フジテレビ「みんなのニュース」・「新報道2001」/NHK BS1「Biz+サンデー」
日本テレビ「真相報道―バンキシャ!」/テレビ朝日「報道ステーション」
TOKYO MX「モーニングCROSS」
<ラジオ出演>
JFN「Oh! Happy Morning」

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791