講師をカテゴリーで探す

坂本 真樹(さかもと まき)

1969年 北海道出身

国立大学法人電気通信大学情報理工学研究科人工知能先端研究センター 教授

学歴
1993年 東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業
1998年 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士後期課程修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「人工知能社会を楽しく生きるため」
「健康長寿社会に向けて人工知能と人間力の融合・連携」
「感性オノマトペを活用したビジネス」
主な著書
「まんがでわかる技術英語」(オーム社)
「女度を上げるオノマトペの法則」(リットーミュージック)
新聞…日本経済新聞」/「日刊工業新聞」/「朝日新聞全国版別刷be」/「化学工業日報」
雑誌…「女性セブン」/「SELF BRAND 2016」/「宣伝会議785 号」/「日経広告研究所報247 号」※その他、掲載・共著多数。
経歴
1995年 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士前期課程修了
1998年 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士後期課程修了(博士号取得)
      東京大学助手
2000年 電気通信大学電気通信学部講師
2004年 電気通信大学電気通信学部助教授
2007年 電気通信大学電気通信学部准教授
2011年 電気通信大学大学院情報理工学研究科准教授
2015年 電気通信大学大学院情報理工学研究科教授
2016年 電気通信大学人工知能先端研究センター教授を兼務
幼少期に転校を繰り返し、壮絶ないじめを乗り越えたせいか、打たれ強く、環境適応能力が高く、かたい仕事からゆるい仕事までなんでもこなす。外語大から東大大学院を経て理工系に転じた珍しい経歴。オノマトペや五感や感性・感情といった人の言語・心理などについての文系的な現象を、理工系的観点から分析し、人工知能に搭載することが得意。大学での教育研究指導、企業との共同研究、年に数々の国内学会や国際学会で研究発表や講演を行う多忙な生活だが、毎朝5時に起床、スポーツジムに寄ってから出勤、美容サロンに毎週通い、心身のメインテナンス時間などはしっかり確保している。愛車を有効利用し、徹底的に無駄のない生活をすることで、仕事も美容も手を抜かず、いつまでもフワフワキラキラな女性でいることが目標。また、10歳になる娘の母でもある。
<肩 書>人工知能学者、認知科学者、感性工学者、感性コミュニケーション・オノマトペ研究者
<受 賞>国際会議でのベストアプリケーション賞・人工知能学会論文賞など多数
<特 許>開発したオノマトペ関連システムを中心とする特許14 件
<主なメディア出演>
テレビ…フジテレビ「ホンマでっか!?TV」/テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」/NHK総合「マサカメTV」/
NHK総合「クローズアップ現代」
ラジオ…J-WAVE 「TOKYO MORNING RADIO」/BAYFM「東京ガスCURIOUS はまじ」/
ラジオ日本「Beatles10」





 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791