講師をカテゴリーで探す

鈴木 貴博(すずき たかひろ)

1962年 愛知県出身

経営戦略コンサルタント
百年コンサルティング株式会社 代表取締役
フューチャリスト・経済エンタテナー・経済評論家

学歴
1986年 東京大学工学部物理工学科 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「DXと企業経営」
「ウィズコロナの日本経済」
「ウィズコロナ時代のデジタルトランスフォーメーション(DX)とは?」
「コロナだけではない。これからおきること」
「ロボットと人工知能に仕事を奪われる未来を変えるには?」
「クイズで戦略力を鍛える『戦略思考トレーニング法』」
「経済ニュースとクイズで発見する新しいビジネスチャンス」
「5Gがわかる!新しいネットワークで何が変わるのか」
「令和の時代のお金の話~格差と新所得階級の未来~」
主な著書
「格差と階級の未来」~超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方~(講談社+α新書)
「仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること」 (講談社+α新書)
「シンギュラリティの経済学」(アマゾンKindleストア)
「戦略思考トレーニングシリーズ」(日本経済新聞出版社)
「ワンピース世代の反乱、ガンダム世代の憂鬱」(朝日新聞出版社)
「ぼくらの戦略思考研究部」(朝日新聞出版社)
「VISIONARY セミナー 企業戦略」(角川出版)
※その他 掲載・連載等多数
経歴
1986年 大学卒業後、世界最高の経営コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループに入社し、数々の大企業の戦略立案プロジェクトに従事。
1999年 ネットバブルの際にネットイヤーグループ(東証マザーズ上場)の創業に取締役として参加。
2003年 独立し百年コンサルティングを創業。専門は未来予測と企業戦略。
大手企業の経営コンサルティング経験をもとに2013年に日本経済新聞出版社から出版した「戦略思考トレーニングシリーズ」が累計20万部を超えるベストセラーに。この本は「ビジネスモデル版 頭の体操」と呼ぶべき内容で、ほとんどの大企業の経営企画部でバイブル的に利用されている。大企業に対する経営コンサルティングの経験をもとに、2003年頃から雑誌やWEBメディアでの経済記事の執筆を始める。主要経済メディアである東洋経済オンライン、ダイヤモンド・オンライン、プレジデントオンライン、現代ビジネスにそれぞれ連載を持つ。
<メディア出演>
テレビ…TBS「クイズ!ボンバーワン」/CX「ネプリーグ」/BSスカパー「地下クイズ王決定戦」/TX「ワールドビジネスサテライト」NHKEテレ「Rの法則」/BS11日本BS放送「本格報道INsideOUT」/CX「あしたのコンパス」/YTV「ウェークアップぱぷらす」/BSジャパ「『働く』ってなに?」/CM…「ウィルコム携帯」  他多数

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791