講師をカテゴリーで探す

三浦 豪太(みうら ごうた)

1969年 神奈川県生まれ

プロスキーヤ
医学博士 Ph.DPh.

学歴
順天堂大学院医学部 博士課程 修了(加齢制御医学講座)
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「エベレストから見たアンチエイジング」
「父 三浦雄一郎の背中」
「世界最高峰から見た世界」
「冒険心が人類のさらなる進化を切り拓く」
「限りない挑戦~いつでも今日がスタート」
「80歳エベレスト登頂とその秘密」
「冒険の遺伝子」
「オリンピックからエベレストへ」
「三度目のエベレスト」
「夢は叶う~父と共に登ったエベレスト」
「三浦家の健康の秘密」
「支える~三浦雄一郎氏の家族の視点から」
「三浦家の元気の秘密」
「息子から見た 父 三浦雄一郎の生き方」
「心臓病で命を落とさないために」
「エベレスト登頂と企業人としての関連性」
「三浦家のいきいき長生き健康法」
「元気にチャレンジ」
主な著書
「三浦家のいきいき長生き健康法」
「父の大きな背中~三浦雄一郎と僕の冒険物語~」
「三浦家の元気な食卓」
「『超寿』の道も一歩から」
「生きがい」
「白澤式&三浦式『エクセントリック・トレーニング』」
「三浦家のDNA」
「冒険の遺伝子は天頂へ」
「『年寄り半日仕事』のすすめ」(共著)
「三浦雄一郎の『歩く技術』」(共著)
「ワオ!体操で100歳まで元気に歩ける」
経歴
三浦ファミリーとしてアフリカ、キリマンジャロを最年少(11歳)登頂、またエルブルース(ロシア)、モンテローザ(スイス)などの海外遠征に同行する。1991年よりフリースタイルスキー、モーグル競技へ転向、以来10年にわたり全日本タイトル獲得や国際大会で活躍。主な戦績として長野オリンピック13位、ワールドカップ5位入賞など日本モーグル界の牽引的存在となる。2001年5月、米国ユタ大学スポーツ生理学部卒業後、(株)ミウラ・ドルフィンズにて冬季オリンピックやフリースタイルワールドカップ解説と企画、執筆活動やプロスキーヤーとして活躍するかたわら2003年、父・三浦雄一郎とともに世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂、初の日本人親子同時登頂記録を達成する。2013年、父をサポートして2度目のエベレスト登頂。2014年ソチオリンピックにおいてフリースタイルスキー4種目解説者を務める。現在、ミウラ・ドルフィンズ低酸素・高酸素室のトレーニングシステム開発研究所長、低酸素下においての遺伝子発現・抑制の研究(専攻・加齢制御学アンチエイジング)を行い、また子供から高齢者までの幅広い年齢層やアスリート向けのトレーニング及びアウトドアプログラムを国内外で数多く手がけている。
<役職>
博士(医学)(順天堂大学大学院医学部・加齢制御医学講座)(社)アンチエイジングリーダー養成機構・専務理事、NPO法人ナスターレース協会・理事長、国連WFP協会・顧問
<受賞歴>
北海道教育委員会スポーツ賞/米国・ローランドホール学院ヘッドマスター(最優秀成績)他




 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791