講師をカテゴリーで探す

銅谷 志朗(どうや しろう)

1944年 東京都出身

相撲キャスター
元テレビ朝日アナウンサー

学歴
1968年 明治大学経済学部 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「土俵から学ぶ頂上を極めた人の、人の育て方」
※人を育てるのは難しいが、どのように育てていけばよいのか…具体例をあげて説明します。
「銅谷志朗の大相撲おもしろ舞台裏」
※40年の相撲キャスターとして経験した様々な話や各力士のエピソード。ここでしか聞けない大相撲の舞台裏をたっぷりとお伝え致します。
「相撲勝負から今何を学ぶか?」
※相撲道とは何か?また、「横綱相撲」等、相撲から引用された言葉も数多い。その言葉の真の意味や相撲の教えを知ると相撲の組織が見えてくる!企業のあり方も考えさせられる内容です。
「力士の怪我の予防と取組方」
※力士達が普段、稽古で入念に行っている準備運動や柔軟は、怪我予防・本場所でのモチベーションを高めるのにつながっています。どのような運動をしているのか、普段の稽古がいかに大事かをご説明することで、仕事場での事故・怪我予防につながていただきたい、そんな思いの詰まった講演です。
「大相撲人気復活のカギは、ここ」
※力士死亡事件。暴力団へのチケット販売。八百長問題。数多くのピンチをどのように切り抜け、現在の相撲再人気につなげていったのかを事例を挙げながらご説明致します。会社の危機管理を考える際におすすめの講演です。
「負けてたまるか!これからだ」
「人生にプラスになる話し方」
「今、相撲勝負に何を学ぶか」
主な著書
「おもしろ相撲学」
「大相撲テレビ観戦手帳」
「満員御礼!-大相撲なんでも早わかり」
「完全大相撲力士名鑑」
「大相撲の魅力」
※その他、専門誌「相撲」にも執筆するなど多数あり。
経歴
1968年、大学卒業後、山陽放送にアナウンサーとして入社。1971年、テレビ朝日に移籍し、翌年より20年間に亘り「大相撲ダイジェスト」のキャスターを担当。 特に相撲は、三賞選考委員を長い間務め、大相撲ダイジェストの独特の語り口で全国の大相撲ファンにはお馴染みの顔となる。その他、プロレスや陸上など各種のスポーツ中継を中心に活躍。1991年 退社後はフリーアナウンサーとなる。その後、テレビ東京系列「スポーツTODAY」の相撲キャスター、ニッポン放送「玉置宏の笑顔でこんにちは」の相撲コーナー、スカイ・パーフェクトTV、Jスポーツ「劇戦!大相撲」のキャスター、レジャーチャンネル「吟剣詩舞の世界」のキャスター等を担当。現在は、日本相撲協会の館内FM放送「どすこいFM」のキャスター。その他の出演番組に、TBSラジオ「荒川強啓のデイキャッチ」「アクセス」、文化放送「くにまるジャパン」相撲コメンテーター、フジテレビ「めざましテレビ」「とくダネ!」、TBSテレビ「朝ズバッ!」「サタズバ」、日本テレビ「ZIP」などワイドショーやニュース番組の相撲コメンテーターとして活躍。また、フリーアナウンサーとして各種司会等をする一方、講演で全国各地を飛び回っている。
※大相撲をフリーパスで永久に取材できる”東京相撲記者クラブ会の友”。



 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791