講師をカテゴリーで探す

都築 冨士男(つづき ふじお)

高知県 出身

元 ローソン・ジャパン社長
全日本農商工連携推進協議会 会長
内閣官房地域活性化伝道師
六次産業化プランナー

講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「ローソンの再建事例に学ぶこれからの企業経営」
※倒産の危機のローソンをいかにして再建したか、再建秘話についてお話しします。
「成功事例に学ぶこれからの企業経営」
※豊富な成功事例を中心に企業成功のポインントについてお話し致します。
「経営課題解決の仕組みづくり」
※企業が成長発展するためには、経営課題を解決する仕組みを作り時代の変化に適応させることが必要です。変化に適応できなければコダック社のようにやがて倒産します。
「農業、農村の現状とこれからの農業経営について」
※農業を中心とした一次産業が衰退すると地域の産業が衰退しやがて地域全体が衰退します。地域を活性化し雇用を創出する必要があります。如何にしても農業、農村を活性化するかについてお話しします。
「危機をチャンスに、連携力をビジネスに」
※長い歴史の中で企業は、様々な危機を乗り越えてきました。どのようにして危機を乗り越えてきたかその事例をお話しします。
経歴
スーパーマーケット・ダイエーに入社。 米国勤務を経てローソン再建のために帰国。当時80店舗しかなかった店舗数を、在籍中3,000店舗にまで拡大し、倒産寸前だったローソンを再建。 全国展開の日本を代表するコンビニエンス・チェーンに急成長させる。その後上場会社の社長を経て独立。 現在は、コンサルティング、企業顧問、講演活動を行っている。また、内閣官房地域活性化伝道師、六次産業化プランナー、全日本農商工連携推進協議会の会長として、中小企業活性化の支援で活動中。全日本農商工連携推進協議会では、農業・農村サポーターズマガジン「農業応援隊」を年4回発行し、日本全国の農業に関わる企業や生産者の情報を広く発信している。





 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791