講師をカテゴリーで探す

佐藤 敏彦(さとう としひこ)

1952年 茨城県日立市生まれ

株式会社 パスエイド代表取締役

学歴
横浜国立大学経営学部 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「歴史に学ぶ人間力~恩田木工の場合~」
「会津の守護神~保科正之に学ぶ人間力~」
「リーダーシップの本質」
「一つクリアして輝け!」
「水戸黄門に学ぶ人生転換の視点」
「戦国武将たちに学ぶ“事業継承”成功の秘密」
「やぶれかぶれの人間力」
「武田信玄に学ぶ職場の安全管理」
「幻の宰相の言葉力~小松帯刀のリーダーシップ~」
「目標管理の本質」
「社会人基礎力を高める~外交官ゲームセミナー~」
「真田幸村から学ぶ リ-ダ-の資質と人間形成」
「真田幸村と真田家のル-ツ」
「真田幸村から学ぶ リ-ダ-の資質と人間形成」
「逆転の発想の拠り所~武田家・上杉家・豊臣家の人質としての生き方」
「挑み続けた勇将~大坂の陣等での智謀と戦略」
「幸村の人間行為の隠れた特性~リ-ダ-の行動の根幹にあるもの」
ロジカルシンキング研修「ニューヨーク殺人事件」
主な著書
「藩政改革に学ぶリーダーの本質」
経歴
大学卒業後、日立金属(株)に入社。安来工場の配属となる。工場では、勤労課に所属。人事、労務、教育に従事する。その後、同じ日立グループである日立エンジニアリング(株)に転籍する。そこでは、社員の教育を中心として、採用、人事業務を担当。結局、日立系企業に在籍した年限のうち、人事・教育畑は、通算30年に及ぶ。その間、教育体系の構築・整備、組織の立ち上げ、海外留学制度の創設、目標管理制度の導入に尽力した。一方では、自らも教育のニーズ調査を積極的に行い、研修プログラムの開発に専念し、実践面では、新入社員から部長職まで多くの研修生を指導する。また、体験型研修の推進者であり、異業種交流フォーラム、タウンウォッチング研修、スタートライン研修など日立グループにあっては、ユニークな研修を展開し、教育の日立エンジニアリングと言わしめたほどである。その後会社は合併し、(株)日立情報制御ソリューションズとなる。合併に際しては、事業統合プロジェクトの中心メンバーとなり、事業再生、効率経営のベースを築きあげる。その後、再び人事部リーダーとして採用業務を担当し、大学生のキャリアデザインの観点に立っての採用に専念する。2008年同社を退職し、2009年(株)株式会社パスエイド設立、代表取締役就任。 2010年度常磐大学就職・キャリアセンター講師、2011年度より横浜国立大学経済学部非常勤講師を務める。さらに2012年度より中央大学アクティブセンタ-講師、淑徳大学エクステンションセンター講師。現在は研修講師を務める傍ら、研修ゲーム、通信教育の教材開発を行う一方、現役の大学生、高校生を対象に、進学・就職ガイダンスにおけるコンサルテーションを行っている。
《研修テーマ》
経営幹部研修・管理職研修・新入社員研修・中堅社員研修・実践コーチング・OJT研修・クレーム対応研修・接遇基礎研修・エンパワ-メント研修・パワーハラスメント研修・目標管理研修・タイムマネジメント研修・ストレスマネジメント研修・事業戦略研修・行政評価研修・政策形成研修・人事考課者研修・ミドルマネジメント研修・ロジカルシンキング研修・新人営業担当者のための基礎から始める営業セミナ- 等々







 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791