講師をカテゴリーで探す

湯浅 景元(ゆあさ かげもと)

1947年 愛知県名古屋市 生まれ

中京大学スポーツ科学部教授
中京大学大学院体育学研究科教授
医学博士
体育学修士

学歴
東京教育大学大学院体育学研究科 終了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「人生を楽しくする運動のススメ ~暮らしに息づくスポーツ文化~」
「トップアスリートに学ぶスポーツ健康法」
「ところかまわず健康法」
「一流スポーツ選手の強さの秘密 彼らを支えるコーチング論」
「ひざ・腰・肩が楽になる一生7秒健康体操」
「エンジョイ・エイジングで行こう」
「老いない体をつくる ~エンジョイ・エイジングのすすめ~」
「中高年の運動と食生活」
「生きるための体力づくり~眠る、起きる、動く~」
主な著書
「かんたんタオル体操」(双葉社)
「ラジオ体操でからだが若返る」(中経出版)
「若さを保つ51章」(中日新聞社) など多数。
経歴
中京大学体育学部卒業、東京教育大学大学院体育学研究科終了後、
東京医科大学で学ぶ。
医学博士、体育学修士。
東京医科大学客員講師、オーストラリア・グリフィス大学高等研究員、
日本オリンピック委員会強化スタッフ(コーチングスタッフ)、中京大学
体育学部長等を歴任。
現在、愛知県教育・スポーツ振興事業団評議員、名古屋市教育スポーツ
振興事業団評議員、豊田市スポーツ推進審議会評議員、石川県いしかわ
健康フロンティア戦略推進会議委員、岡崎げんき館整備運営事業推進
専門委員などを兼任。

NHK総合「NHKスペシャル」、NHK教育「きょうの健康」「すこやか長寿」等
テレビ出演や講演会などを通して健康づくりのための運動の大切さの普及
につとめている。

現在、中京大学スケート部部長として、所属している浅田真央、小塚崇彦選手ら
フィギュアスケート選手の教育にもあたっている。
ハンマー投げ金メダリスト室伏広治選手は湯浅ゼミの出身者。


 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791