講師をカテゴリーで探す

白坂 亜紀(しらさか あき)

1966年 大分県竹田市生まれ

銀座のママ(株式会社白坂企画代表)
GSK(銀座社交料飲協会)銀座緑化部長

学歴
早稲田大学第一文学部
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「銀座のママが語る経営力・人間力」
「銀座緑化コミニュティの夢」
「銀座クラブでの接待・おもてなし講座」
「銀座のママが語る男の品格とは」
「銀座の街づくりと男女共同参画」
「銀座の粋なオトコとは」
「銀座のママたちの緑化活動」
「銀座ミツバチプロジェクト、銀座里山計画」
「夜の銀座へのご招待」
「銀座から見える日本の未来」
「銀座のママが語る“銀座の秘密”」
主な著書
「銀座の秘密―なぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか-すご腕女性10人の金言」(中央公論社)
「銀座の流儀『クラブ稲葉』ママの心得帖」
経歴
1966年  大分県竹田市生まれ 生家は現在瀧廉太郎記念館。父は読売新聞通信部記者、母は珠算塾経営 精神科医の兄。
1985年  早稲田大学第一文学部入学 日本文学専修
1987年~ 日本橋の老舗クラブにて勤務。女子大生ママとなる。
1996年  銀座五丁目、七丁目にクラブ二店舗を開店。故郷の川の名前から「稲葉」と名づける。20代で銀座クラブ二店開店ということで、写真誌「フォーカス」「ダカーポ」フジテレビ「銀座女絵巻」等々で紹介される。
2003年  「Bar66」を開店 早稲田の同級生がマスターを務めるので二人の生まれ年1966年と、18時~翌6時まで営業ということで、名づける。
2004年  「銀座きくち」開店。道場六三郎氏の一番弟子、菊池直美が料理長を務める。
2007年  GSK(銀座料飲協会)理事となる。
2009年  NHK「ふるさと一番」に出演、銀座緑化を語る。五丁目のクラブを「音楽ラウンジ」に。音楽スタッフを揃え、生演奏の店にする。
2010年  GSK(銀座社交料飲協会)銀座緑化部長となる。銀座屋上での農作業について、NHK首都圏ニュース他で報道される。
2011年  京都造形芸術大学東京学舎で講座を持つ。「銀座ミツバチプロジェクト」にも積極的に参加、そこから広がった、緑化活動・里山計画にも取り組み、様々な企画イベントも実施している。2013年 志高い女性の会「銀座なでしこ会」発足。銀座から日本文化を発信する。
2015年  銀座料理飲食業組合連合会 理事/ 大分県竹田市東京事務所所長に就任
2016年  銀座ミツバチプロジェクト理事に就任
2017年  銀座の流儀「クラブ稲葉」ママの心得帖を出版。
2018年  NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」「銀座、夜の女たちスペシャル」 に出演






 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791