講師をカテゴリーで探す

たんだ あつこ(たんだ あつこ)

滋賀県出身

「肩甲骨のアクビ」主宰
健康維持法研究家
東京都港区教育委員会「まなびや」講師
2級心理カウンセラー

講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「職場の健康管理 事故予防のセルフケア」
  ~ストレスが引き起こす 心・体のアンバランス~
「事故予防は軽やかな足取りから」
  ~疲れた体を自分でほぐして自己管理~
「職場で始めよう」
  ~休み時間にできる安全リフレッシュ健康法~
「商売繁盛! ストレスに負けない体づくり ~楽しく元気に肩甲骨ほぐし~」
「元気な経営者のための、今すぐできるかんたん健康管理術」
「働き盛りの健康維持“職場でできるセルフケア”」
ホンマでっかTV?!でも大反響!
「いつまでも美しく輝くために~若さ・健康の要は肩甲骨だった!~」

主な著書
『自分のからだは自分で治す「あくび体操」~症状別~』
『寝たまま肩甲骨ほぐし』
経歴
大学卒業後、幼稚園教師を経て ジャズダンスの体で表現する素晴らしさに魅了され ロサ ンゼルスへ フィットネス留学する。
帰国後は、新宿エグザス・横浜アカデミー・東京都板橋区立体育館など各所で多くの講座を持ち、ジャズダンス・リトミック・エアロビクスなどを指導する。
しかし、体に良い有酸素運動であるはずのエアロビクスで、インストラクターの故障者が目立ち、生徒さんにも腰痛・膝痛などの症状が目立つ中、「健康」を伝える仕事の矛盾を感じ始める。
そして改善方法を研究、模索し、ヨガ 身体調整法 自力整体と様々学ぶ中で≪骨格の歪みが原因≫である事にいきつく。
その骨格の中でも≪肩甲骨の重要性≫にいち早く着目し、【自由に動く肩甲骨】これこそが、自分の体で人生最後まで生きる!鍵と確信する。
2006年 「あくび体操」を考案し主宰する。
2009年 肩甲骨の重要性により着目した「肩甲骨ほぐしあくび体操」を考案。
2013年 肩甲骨が気持ちよく あくびが出来るようになるバーチャルなイメージを込め
て「肩甲骨のアクビ」と改名。
雑誌では、マキノ出版「安心」、学研『おはよう奥さん』、祥伝社「からだにいいこと」、角川マガジンズ「レタスクラブ」などの雑誌ので取り上げられ、
メディアでもフジテレビ「ホンマでっか!?TV」、かわさきFMラジオ、港区・新宿区ケーブルテレビ、FMサルース『マナビビト』、ラジオ大阪「ドクトルかっちゃん」笑顔で元気、出演などで注目されている。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791