講師をカテゴリーで探す

村上 和雄(むらかみ かずお)

1936年奈良県生まれ

筑波大学名誉教授
国際科学振興財団理事

学歴
京都大学農学部農芸学科卒業
同大学院農学研究科博士課程修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「生命のすばらしさ~遺伝子に秘められたメッセージ」
「心の生命力を拓く」
「眠っているよい遺伝子をオンにしよう!」
「遺伝子ONの生き方」
「こころと遺伝子~生命の不思議を解読する」
「いのちの尊さを考える」
「あなたの“思い”が遺伝子の働きを変える」
「笑いや感動で生命力を高める」
「眠れる良い遺伝子を目覚めさせよう」
「生命の不思議を解読する」
「“笑い”と“感動”はよい遺伝子を目覚めさせる」
「笑いと心の活性化」
「笑いで元気を取り戻そう―笑いや感動が可能性をひきだす」
「心と遺伝子の謎」
「遺伝子をオンにして可能性をのばす」
「あなたの遺伝子が目覚めるとき」
「笑いと感動で人生成功の遺伝子をONにする法」
「人間はどう変わり得るか」
「<時代を超える経営のこころ>遺伝子をONにする生き方~人を活かし自分を活かす」
主な著書
『いのちを問う その重さと大切さ』『家族を看とるとき』『笑う!遺伝子 笑って、健康遺伝子スイッチON!』『生きている。それだけで素晴らしい 遺伝子が教える「生命」の秘密』『遺伝子オンで生きる こころの持ち方であなたのDNAは変わる!』『生命の暗号 あなたの遺伝子が目覚めるとき』『イネゲノムが明かす「日本人のDNA」』『生命のバカ力 人の遺伝子は97%眠っている』『バイオテクノロジー』『遺伝子からのメッセージ』『そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方』『世界は1つの生命からはじまった―サムシング・グレートからの贈り物』
経歴
米オレゴン医科大学の研究員、京都大学農学部助教授、米バンダビルト大学医学部助教授と歴任し、1978年から筑波大学応用生物化学系の教授となり、遺伝子の研究に取り組む。1983年に高血圧の原因である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、世界的な業績として注目を集める。朝日学術奨励賞、マックスプランク研究賞、日経BP技術賞、つくば賞、日本学士院賞などを受賞。DNA解明の世界的権威。
世界に先がけ、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功し、一躍世界的な業績として注目を集める。現在ノーベル賞の有力候補とされる注目の人。最先端の遺伝子工学の研究から、「感性と遺伝子は繋がっている」ことを究明。想像をはるかに超える人間の持つ偉大な可能性を開花させる「眠れる遺伝子の目覚めさせ方・考え方」を解き明かす。科学に身を置きながら、哲学、宗教、宇宙観をも包み込む独自の世界観を展開。その飾らない人柄と軽妙洒脱な語り口調に全国から絶賛の声が集まる。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791