講師をカテゴリーで探す

大至 伸行(だいし のぶゆき)

1968年茨城県生まれ

歌手
元幕内力士
元準年寄・大至親方
茨城県大使

学歴
日立市立多賀中学校卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「私の相撲人生~辛抱十年、甚句の心」
「健康一番、相撲人生~メニエル氏病からの再起」
「若者に贈る言葉」
 (歌謡ショー)
経歴
成沢小学校から相撲を始め、昭和59年多賀中学校卒業後に押尾川部屋入門、春場所初土俵を踏む。平成5年の夏場所新十両、平成6年の名古屋場所新入幕。平成14年春場所を最後に18年間努めた現役を引退、大至親方として押尾川部屋の準年寄となり後進の指導にあたる。予てからの夢であった歌の道をあきらめきれず、平成15年6月に相撲協会を退職、歌手への道を歩み始める。現在は歌手としてのライブ活動、相撲甚句や講演などを中心に活動中。元横綱貴乃花の引退相撲で記念の相撲甚句を歌ったことは記憶に新しい。
【戦績】
初土俵 昭和59年3月場所    最 高 位 前頭三枚目(幕内在位23場所)
新十両 平成 5年5月場所    生涯戦績 574勝593敗21休
新入幕 平成 6年7月場所    幕内戦績 154勝191敗 9休

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791