講師をカテゴリーで探す

斉之平 伸一(さいのひら しんいち)

1948年東京都生まれ

三州製菓株式会社 代表取締役
埼玉県経営者協会 副会長
社会福祉法人 子供の町 理事長
埼玉県物産観光協会 副会長
埼玉県道路公社 理事
埼玉いのちの電話後援会 理事
元埼玉県教育委員会委員長

学歴
一橋大学経済学部卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「従業員が主役の全員活躍経営」
「社員全員が輝けるダイバーシティ経営」
「すべての人が活躍できる、イキイキと働ける仕事環境づくり~女性もシニアも人が真に活躍できる経営を追求~」
「競争力強化のための人材戦略 誰もが活躍できる風土づくり」
「経営品質向上活動-能力経営」
「経営革新~お客様満足を目指して~」
主な著書
「脳力経営-新しい経営品質改革論」
「3倍『仕事脳』がアップするダブル手帳術―右脳手帳・左脳手帳」
経歴
1971年に松下電器産業株式会社(現在はパナソニック株式会社)入社。本社勤務であったため、松下幸之助氏とも直接面談する機会にも恵まれ、その経験が後に会社を継いだときにプラスになった。5年の勤務を経て、1976年に父が創業した三州製菓株式会社に入社。1988年社長に就任する。2002年に(株)オプトテクニカを設立し社長を兼任。埼玉県経済振興プロジェクトチーム委員を務める。能力開発の祖・城野宏氏に学び、能力開発を通じた経営革新に努め、数々の賞を受賞。会社を継承した頃の売上は7~8億、業界大手の亀田製菓が700億の売上を上げていた。昼間は営業回り、夜はトラックの積み込みに追われていたが、なんとかしなければと日々考えていた。『現場こそ、会社の主役』という企業理念の下に、全従業員の自主性を重んじたボトムアップ経営を展開、今では同業他社の追随を許さない独自の魅力ある商品を提供。新製品の開発に意欲的。消費者モニター、直営店での嗜好動向テスト等を通じ、移り変わる消費者のニーズをとらえて、商品化している。
<受賞歴>
2004年 埼玉県男女共同参画推進事業所
2005年 埼玉県経営品質協議会 奨励賞/経済産業省 IT経営応援隊IT経営百選 最優秀賞
2006年 経済産業省 IT経営応援隊 IT経営百選 最優秀賞
2008年 埼玉産業人クラブ 埼玉チャレンジ企業経営者 特別賞
2010年 埼玉県あったか子育て企業奨励賞および先達企業認定
2011年 日本食糧新聞社 食品安全安心・環境貢献賞/埼玉県 食の安心大賞
2012年 埼玉県多様な働き方推進企業ゴールド認定
2013年 日刊工業新聞社「地域社会貢献者賞」/「均等推進企業部門」埼玉労働局長優良賞/経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」/埼玉県「渋沢栄一ビジネス大賞特別賞」
2014年 埼玉県経営者協会「埼玉県キャリア教育実践アワード最優秀賞」/埼玉県における働きがいのある会社 優秀賞(2回目)
2016年 埼玉県「渋沢栄一賞」受賞/内閣総理大臣表彰「男女共同参画社会づくり功労者」
2020年 内閣府特命担当大臣表彰 受賞/旭日単光賞 受賞/埼玉県食品衛生表彰で埼玉県知事賞 受賞

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791