講師をカテゴリーで探す

進藤 勇治(しんどう ゆうじ)

1951年愛媛県生まれ

産業評論家 (元通産省企画官)
前東京大学特任教授

学歴
1974年 東京大学 工学部 卒業
1976年 東京大学工学系大学院 修士課程 修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「激動する世界経済、日本企業の課題と対応策」
「新型コロナの動向と企業の対策課題」
「新型コロナの動向と地域経済の課題」
「新型コロナの動向と日本農業の展望」
「RCEP締結と日本経済の行方」
「TPPの影響と企業の取り組むべき課題」
「これからの日米関係と日本経済・地域経済」
「エネルギー・環境問題と日本経済の展望」
「資源リサイクルと廃棄物処理、企業の課題」
「環境経営の意義と企業の取り組み」
「再生可能エネルギーの現状と展望」
「放射線と環境問題」
「私たちにできる環境保全」
「SDGsの意義と企業の取組み」
※その他、エネルギー・環境問題や経済産業全般に対応
主な著書
「地球環境ビジネス読本」(オーム社)
「新エネルギーシステム」(技法堂出版)
「クリーンエネルギーのフロンティア」(クリーンエネルギー研究所)
「地球温暖化を防ぐ」(日本放送出版協会)
「Expanding World of Chemical Engineering」(英国G&B 科学出版社・英文)
「環境年表」(オーム社・編集幹事長)  他多数
経歴
1976年 通商産業省 入省
1984年 工学博士 (東京大学)
1986年 米国マサチューセッツ工科大学客員研究員 (国費派遣)
1955年 通商産業省 工業技術院 国際研究協力企画官 (室長)
1996年 通商産業省 退官 / 企業の顧問等
2008年 東京大学 特任教授
2010年 進藤産業研究所 代表、現在に至る
通産省に入省後、マサチューセッツ工科大学客員研究員、通産省国際研究協力企画官、東京大学特任教授等を歴任。TPPや経済・産業問題、エネルギー・環境問題に関する講演を行う他、企業の経営指導やテレビに出演して解説等を行っている。講演では最新の専門情報を提供しつつ、社会の動向と産業界の課題などを丁寧でわかりやすく解説し、好評を得ている。
<テレビ出演例>
NHK…「学生チャンネル」・「サイエンス」
TBS…「オールスター感謝祭」
テレビ東京…「たけしのニッポンのミカタ」・「NEWS FINE」
テレビ朝日…「やじうまテレビ」
フジテレビ…「ニュースな晩餐会」・「めざましテレビ」
大和証券テレビ (CS)・「エコノミマルシェ」  他多数

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791