講師をカテゴリーで探す

小松 泰信(こまつ やすのぶ)

1953年長崎県生まれ

岡山大学大学院環境学研究科教授

学歴
鳥取大学農学部卒業
京都大学大学院博士課程修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「食・農・工・商ネットワークで今を拓く」
「新しい農業経営者像について考える」
「農政新時代と日本農業の進路」
「市町合併・JA合併に伴う今後の担い手育成」
「二十一世紀の地域・農業について」
「魅力ある家族農業経営のために」
≪大規模合併組合の経営≫
「事業部制・協同会社化の評価と課題―戦略的思考の総合経営をめざして―」
経歴
1983年長野県農協地域開発機構研究員、1989年より石川県農業短期大学助手、1992年石川県農業短期大学講師、1995年同助教授、1998年岡山大学農学部教授、2005年同大学院教授。
専門分野:農業経営学,農業経済学,農産物マーケティング論,農業協同組合論経営学、マーケティング論、そして協同組合論に基づき、合理的かつ効率的な農業経営のあり方に関する研究
所属学会:地域農林経済学会・日本農業経営学会・日本農業経済学会・日本協同組合学会・中部農業経済学会・北陸農業経営研究会・日本農村生活研究会・フードシステム研究会
研究テーマ:協同組合,事業戦略,マーケティング,農村計画,農村女性 ①農業協同組合の事業戦略に関する研究 ②農産物マーケティングに関する研究 ③地域農業計画および管理体制に関する研究 ④農村女性問題に関する研究

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791