講師をカテゴリーで探す

手嶋 龍一(てしま りゅういち)

1949年7月21日 北海道生まれ

外交ジャーナリスト
作家
元 NHKワシントン 支局長

学歴
慶応義塾大学経済学部卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「米中対立の時代をどう生き抜くか~バイデン・岸田連携の行方~」
「動乱の東アジア情勢と日本の針路」
「動乱の21世紀を読み解く~インテリジェンスを武器に~」
「『東アジア半球』が世界を先導する~中国の台頭と日米同盟~」
「最前線で見た外交の瞬間」
「揺れ動く世界情勢の読み方-日本の外交戦略を探る-」
「中東情勢の行方と原油価格」
「外交と安全保障」
「世界の中の日本」
「新たなインテリジェンス戦略を求めて」
※テーマは主催者の要望を踏まえて講師が設定します。(外交(東アジア・日米)、安全保障、情報・インテリジェンス)
主な著書
「鳴かずのカッコウ」(小学館)
「菅政権と米中危機」(共著:中公新書ラクレ)
「公安調査庁」(共著:中公新書ラクレ)
「米中衝突」(共著:中公新書ラクレ)
「独裁の宴」(共著:中公新書ラクレ)
「汝の名はスパイ、裏切者、あるいは詐欺師-インテリジェンス畸人伝-」(マガジンハウス)
「宰相のインテリジェンス:9.11から3.11へ」(新潮社)
「スギハラ・サバイバル」(新潮社)
「葡萄酒か、さもなくば銃弾を」(講談社)
「ライオンと蜘蛛の巣」(幻冬舎)
「ウルトラ・ダラー」(新潮社)
「外交敗戦外交敗戦」 (新潮文庫)   ※その他共著・連載掲載等多数
経歴
1974年に日本放送協会(NHK)に入局し、政治部記者として外交・安全保障を担当。1987年からワシントン特派員とホワイトハウス・国務省・国防総省を担当し、冷戦終結を宣言したマルタ会談に立ち会う。1990年の湾岸戦争では最前線へ。1994年にハーバード大学CFIA・国際問題研究所でフェロー。その後、ドイツ支局長を経て、1997年からワシントン支局長を8年間務める。この間、2001年の同時多発テロ事件で11日間連続の昼夜中継を担い、冷静で的確な報道で視聴者の支持を得た。外交・安全保障、インテリジェンス問題を主なテーマに、新聞・雑誌にも寄稿し、コラムニストとしても活躍、また一線のビジネスマンや官僚などの指導にも熱心に取り組んでいる。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791