講師をカテゴリーで探す

三屋 裕子(みつや ゆうこ)

1958年福井県生まれ

スポーツプロデューサー
筑波スポーツ科学研究所副所長
前(株)テン・アローズ(旧シャルレ)代表取締役社長
(社)日本プロサッカーリーグ理事
(財)日本バレーボール協会理事

学歴
筑波大学体育専門学群卒業
筑波大学大学院体育学研究科修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「人生のデザイナー~充実した生き方を求めて」
「バレーボールと私~いつも燃えていたい」
「スポーツの新しい時代の始まり」
「スポーツと健康~家庭でできる簡単健康法」
「楽しいスポーツ、一生スポーツ」
「社会人の健康管理と体力つくり」
「思いやりの心とリーダーシップのあり方」
「チームワークについて」
「市民と企業が果たす地域での役割~スポーツを通じて」
「シルバーはつらつ・・毎日いきいき過ごすには・・」
「生涯学習のあり方」
「Block Ageing(ブロックエイジング)~老化に挑戦!素敵なシルバーエイジに」
主な著書
『コンチワ!裕子先生』
『三屋裕子の楽しいバレーボール ジュニア・スポーツ・セレクション』
『三屋裕子の元気エッセンス』
『運動セラピー』
経歴
福井の勝山中学時代にバレーを始め、名門「八王子実践高」から「筑波大」に進学。在学中の1979年に全日本入り。1981年に名門の日立入団、常勝日立・全日本のセンタープレーヤーとして活躍。さわやかな笑顔と高さのあるシャープな攻撃でたくさんのファンを魅了した。銅メダルを獲得した84年のロサンゼルス五輪を最後に現役を引退、かねてからの希望であった教職の道に転身する。国学院高教員、学習院大学講師、慶應大学非常勤講師、筑波大学非常勤講師、筑波スポーツ科学研究所副所長などを経て2004年4月に下着の訪問販売(株)シャルレ顧問、6月に代表取締役社長に就任。2006年6月に(株)テン・アローズ取締役代表執行役社長就任。2007年4月から日本バレーボール協会理事。2007年6月に(株)テン・アローズ取締役代表執行役社長及び(株)シャルレ代表取締役社長を退任。現在はコメンテーターとして多くの番組に出演するなど広く活躍している。福井県ふるさと大使、日本スポーツ少年団機関誌「スポーツジャスト」編集委員、健康日本21推進フォーラム理事、スポーツ振興投票助成審査委員会委員、全日本IDバレーボール連盟顧問、(財)笹川スポーツ財団理事など多くを兼務。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791