講師をカテゴリーで探す

佐藤 輝(さとう てる)

1945年山形県生まれ

俳優/タレント
歌手/アーティスト
DJ/声優/ナレーター

学歴
山形県立酒田東高等学校卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「演劇はコミュニケーションだ」
「演劇の楽しさ」
「“ラ・マンチャの男”とサンチョの私」
「見果てぬ夢~サンチョへの道」
「ラ・マンチャの男~見果てぬ夢を追って」
「サンチョを育てた故郷・庄内」
「絶唱 白き山~名作の生まれたまちを訪ねて」
「斎藤茂吉・白き山」
「三枚目青春日記」
「スペイン紀行」
「水中ウォーキング健康法」
主な著書
『季語のある日々』
経歴
9人兄弟姉妹の5男として教員の家に生まれる。高校を卒業して劇団文化座に入り、松竹大船を経て1968年に劇団俳優小劇場養成所(2期)入所、1969年に劇団俳優小劇場入団。同年に舞台「日と火と碑と人」でデビュー。1976年に劇団動物園を結成(1996年に解散)。舞台・映画・TV・ラジオ・CM・コンサート・演出・エッセイ・講演など幅広く活躍している。
ミュージカル『ラ・マンチャの男』のサンチョ、『子午線の祀り』の伊勢三郎義盛、『天国から来たチャンピオン』のマックス・レビーンはじめ、『屋根の上のヴァイオリン弾き』『マイ・フェア・レディ』などブロードウェイ・ミュージカルから演劇古典作品まで、個性を生かした重要な役どころを演じている。特に『ラ・マンチャの男』の大役サンチョは5曲のソロを歌い、ひょうきんさで極め付きと絶賛されている代表作となっており、1995年より演じ続けている。幅広い感性は山形庄内地方の恵まれた風土と文化、500年の伝統を持つ黒川能謡曲の師匠だった父方の祖父や芝居小屋を経営していた母方の祖父などの環境によって育まれた。高い評価を得ている演技力、抜群の音楽センスと歌唱力に加え、持ち前の明るさと愛嬌のあるキャラクター、歌って踊れる個性派俳優として人気を集めている。また、俳句はプロ級でありNHK「俳句王国」のレギュラー的存在。特技はジャズダンス・タップダンス・民謡・尺八・笛・ギター、趣味は俳句・写真・旅行・料理・英語・中国語・スペイン語。身長158cm・体重57kg・血液型B型。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791