講師をカテゴリーで探す

浜田 敬子(はまだ けいこ)

1966年生まれ

ジャーナリスト
前Business Insider Japan統括編集長
元AERA編集長

学歴
上智大学 法学部国際関係法学科 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「ポストコロナ時代に求められる働き方と能力」
「ポストコロナ時代の働き方と企業」
「若い世代にとってイケテル職場にするには」
「ポストコロナ時代の価値を生む多様性」
「ポストコロナ時代 さらなる女性活躍が求められる」
「ポストコロナ時代に向けて一歩踏み出そう」
「ポストコロナ時代の働き方とダイバーシティ」
「ポストコロナ時代 地方と女性はどう変わる?」
「子育て社員がやりがいを持って働くには」
「育児中もやりがいをもって働くには」
「なぜ女性管理職は増えない?」
「一歩踏み出せば自分も社会も変えられる」
「伝えるだけから、課題解決へ」
「問いを立てる力をつける」
「ニュースを知ることは社会を知ること」
「若い人は本当にニュースを読まないのか?」
主な著書
「働く女子と罪悪感」(集英社)
経歴
1989年に朝日新聞社に入社。前橋支局、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、1999年からAERA編集部。記者として女性の生き方や働く職場の問題、また国際ニュースなどを中心に取材。米同時多発テロやイラク戦争などは現地にて取材をする。2004年からはAERA副編集長。その後、編集長代理を経て、AERA初の女性編集長に就任。編集長時代は、オンラインメディアとのコラボや、外部のプロデューサーによる「特別編集長号」など新機軸に次々挑戦した。
2016年5月より朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして、「働く×子育てのこれからを考える」プロジェクト「WORKO!」や「働き方を考える」シンポジウムなどをプロデュースする。2017年3月末で朝日新聞社退社。
2017年4月から世界17カ国に展開するオンライン経済メディアの日本版統括編集長に就任。2020年12月末で退任して、フリージャーナリストに。「羽鳥慎一モーニングショー」や「サンデーモーニング」などのコメンテーターや、ダイバーシティや働き方改革についての講演なども行う。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791