講師をカテゴリーで探す

成田 真由美(なりた まゆみ)

1970年 神奈川県川崎市 生まれ

パラリンピック 競泳 金メダリスト
オリンピック パラリンピック 組織委員会理事

講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「自分の可能性を求めて」
「いま輝いて生きる」
主な著書
「私、泳げなかったのに~アトランタへの軌跡~」(かなしん出版)
「あしたにトライ~車いすの金メダル~」(アリス館)
「夢への前進(ストローク)」(講談社)
経歴
1983年 13歳で脊髄炎発症、両下肢麻痺となる。
1992年 軽い気持ちでチェアスキーを始める。1日60分のトラック競技を開始。
1993年 全国身体障害者スポーツ大会徳島大会に出場。100m走、ソフトボール投げで大会新記録、優勝。
1994年 トレーニング仲間から出場メンバーが足りないと懇願され、発病後初の水泳開始。東北身体障害者水泳選手権で、25m・50m自由形に出場し、大会新記録で優勝。
1996年 アトランタパラリンピック出場。50m・100m自由形で世界新記録、金メダル。200m自由形・50m背泳銀メダル。150m個人メドレーでは銅メダルを獲得。
2000年 シドニーパラリンピック出場。50m自由形・100m自由形・200m自由形・50m個人メドレー・200mリレーはすべて世界新記録、金メダル。50m背泳で金メダル。50m平泳ぎでは銀メダル獲得。出場した7種目全てでメダルを獲得。
2004年 アテネパラリンピック出場。7個の金メダルと1個の銅メダルを獲得。6種目で世界新記録。1種目で大会新記録。
2008年 北京パラリンピック出場。100m自由形・50m自由形・50m背泳ぎで5位入賞。
2016年 リオパラリンピック出場。50m自由形・50m背泳ぎで5位、100m自由形・リレーで6位、メドレーリレーで7位入賞。
2021年 日本パラ水泳選手権大会出場。50m自由形及び50m背泳ぎで1位。
      ジャパンパラ水泳競技大会出場。50m自由形及び50m背泳ぎで1位
      東京パラリンピック出場。50m背泳ぎで6位入賞。
<受賞歴>
1995年 川崎市スポーツ賞
1996年 厚生大臣表彰/神奈川県スポーツ賞/ソロプチミスト日本財団女性向上賞/ウエルネス・コミュニティー協会トピックス賞/川崎市市民栄誉賞 第一号
1997年 テレビ朝日ビッグスポーツ賞/朝日新聞朝日スポーツ賞/日本フェアプレー賞/日本身体障害者スポーツ協会特別賞/エイボン女性年度賞・スポーツ賞
2000年 内閣総理大臣顕彰

パラリンピック6度の出場経験で、日本史上最多の金メダル15個に加え、銀3、銅2の計20個のメダルを獲得し「水の女王」の異名を持つ。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791