講師をカテゴリーで探す

中原 阿里(なかはら あり)

ラッセルコーチングカレッジ代表
プロフェッショナルコーチ
弁護士

学歴
奈良女子大学 文学部英文科 卒業
大阪大学大学院 臨床心理学科 科目等履修生
関西学院大学大学院 司法研究科 修了(法務博士:Juris Doctor)
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
<経営管理層向け>
「SDGsの先を描く『ウェルビーイング経営』がもたらす価値」
「自律的な部下を育てるために上司が押さえておくべきポイント」
「脳科学的に効果的な声がけと自走する組織づくりのポイント」
「なぜ経営者にコーチが必要なのか~ビルゲイツがコーチを6人つける理由~」
「SDGsの一つの指標『LGBTフレンドリー企業』になるには?環境整備方法」
※LGBTについて,必要な視点と導入しないリスクなどを説明
「現代型リーダーシップとは?~自律型組織とリーダーシップの関係~」
<キャリア論~女性向け含む~>
「何歳からでも自立的なキャリアを築く方法」
「資格や学びをキャリアのアップデートに活かす方法」
「人生100年時代におけるミドル女性のキャリアの作り方」
<ウェルビーイングへのアプローチ(感情知的なアプローチ)>
「ウェルビーイング とはSDGsの先の未来」
「自分の過去・人生を受け入れる~自分の物語を理解するナラティブアプローチ~」
「セルフコーチングを通して自己理解と自己肯定感を深める方法」
経歴
広告代理店・社長秘書を経て結婚。離婚後に娘を育てながら大学病院医事課等で働く。生死との向き合いから社会的な痛みを無くし「ひとりひとりの幸福」を志向してゼロから弁護士を目指す。子育てしながら勉強,2008年司法試験合格,2010年弁護士登録。弁護士業12年。企業顧問弁護士経験,弁護士法人共同経営の経験を経て,経営を通じた幸福とエンゲージメントにフォーカスすべくMBA受講。国内外で複数のコーチング資格を取得。経営者,医師等専門職対象のエグゼクティブコーチングを提供。2018年ラッセルコーチングカレッジ創設。「ウェルビーイングをつなぐ」をテーマにさまざまな切り口で話す講演会が好評である。
<保有資格>
国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ(ICF/PCC)/米Gallup社公認strengthコーチ/上級心理カウンセラー/NLPプラクティショナー/関西マインドフルネス協会認定トレーナー/交流分析カウンセラー/Google@SIYコアプログラム修了/弁護士/法務博士(Juris Doctor)
<所属団体>
日本司法精神医学会/交流分析学会/日本マインドフルネス学会/日本ブリーフセラピー協会/日本弁護士連合会

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791