講師をカテゴリーで探す

大久保 明日奈(おおくぼ あすな)

一般社団法人エシカル協会 理事
株式会社オウルズコンサルティンググループ プリンシパル

学歴
慶應義塾大学経済学部 卒業
英国ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)都市開発経済学修士課程 修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「持続可能なライフスタイル×未来まちづくり」
「『エシカル』を識る いま企業が踏まえておきたいこと」
「これからの企業に求められる『エシカル』の基礎知識とビジネスの今後」
「『ファッション』×『サステナブル』 ~エシカル消費の潮流とファッション業界の可能性~」
主な著書
ERIA Discussion Paper 「FTA Strategies to Strengthen Indonesian Exports: Using the Computable General Equilibrium Model」共同執筆
経歴
金融機関、ITアドバイザリーファーム、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社を経て現職。株式会社オウルズコンサルティンググループ在籍。デロイト トーマツ コンサルティングでは、民間企業のサステナビリティ戦略立案や経済産業省のASEAN地域を対象とした政策立案など多岐にわたるプロジェクトに従事。 NPO/NGOの事業計画策定、NPO法人と連携したガーナにおける児童労働廃絶の仕組み作りなどにも携わる。Social Impact委員会の事務局運営も担当。エシカル協会にはコンサルタントとして関与した後、2020年9に理事就任。現在在籍しているオウルズコンサルティンググループでは、ビジネス戦略、サステナビリティ戦略をテーマとするプロジェクトに従事。労働・人権分野の国際規格「SA8000」基礎監査人コース修了。農林水産省「持続可能な生産消費形態のあり方検討会」ワークショップ講師、国際協力NGOセンター(JANIC)「コレクティブ・インパクトは、社会課題解決促進のエンジンとなるのか?」 登壇
<主なジェクト>
大手広告代理店:SDGs・人権対応行動ロードマップ策定
総合電機メーカー:環境配慮型データセンター市場参入戦略立案
経済産業省:メコン産業開発ビジョン2.0策定支援
経済産業省:インドネシアの輸出の方向性検討支援
経済産業省:ルール形成戦略における試験・認証機関の海外展開検討支援
人権系NPO:事業計画策定支援、オペレーション改善支援



 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791