講師をカテゴリーで探す

西成 活裕(にしなり かつひろ)

1967年 東京都生まれ

東京大学 先端科学技術研究センター 教授

学歴
1995年 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了 博士(工学)
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「渋滞学で会社を変えろ!!企業・組織の生産性を上げる極意」
「渋滞学からの働き方改革」
「仕事の渋滞、解消の法則」
「生産性を上げる『科学的ゆとり』のススメ」
「『車・人・モノ』の流れをスムースにする科学」
「あなたの渋滞解消します -その流れ、変えてみませんか?」
「思考体力を鍛える」
「子ども時代から大学時代までに身につけさせたい思考体力」
「『渋滞』から見えてくる世界」
「渋滞のサイエンス~『急がば回れ』は正しい~」
主な著書
「逆説の法則」(新潮選書)
「渋滞学」(新潮選書)
「無駄学」(新潮選書)
「誤解学」(新潮選書)
「思考体力を鍛える」(あさ出版)
「とんでもなく役に立つ数学」(角川ソフィア文庫)
「図解雑学よくわかる渋滞学」(ナツメ社) 他多数
経歴
大学院卒業後、山形大、龍谷大、ドイツのケルン大学理論物理学研究所を経て、現在は東京大学先端科学技術研究センター教授。ムダどり学会会長、ムジコロジ―研究所所長などを併任。専門は数理物理学。様々な渋滞を分野横断的に研究する「渋滞学」を提唱し、著書「渋滞学」(新潮選書)は講談社科学出版賞などを受賞。2007年JSTさきがけ研究員、2010年内閣府イノベーション国際共同研究座長、文部科学省「科学技術への顕著な貢献 2013」に選出、東京オリンピック組織委員会アドバイザーにも就任している。日経新聞「明日への話題」連載、日本テレビ「世界一受けたい授業」やTBSテレビ「東大王」に多数回出演するなど、多くのテレビ、ラジオ、新聞などのメディアでも活躍している。趣味はオペラを歌う事と合氣道の稽古。
<研究内容>
専門は、数理物理学、渋滞学。車や人の渋滞や混雑は今や大きな社会問題の一つですが、この緩和をめざして新しい数理物理学的なアプローチで研究するのが私が取り組んでいる「渋滞学」です。渋滞は車や人だけでなくバスやエレベーターでも発生し、そして工場での生産ラインや物流現場で在庫がたまるのも渋滞といえます。こうした社会的な流れを分野横断的に研究し、数理モデルで理論的に解き明かし、そして実験や観測、シミュレーションを通じて全体最適な新しい解消方法を提案しています。近年では人流の全体最適化を目指す群集マネジメント研究会を立ち上げ、東京オリンピック組織委員会アドバイザーとして安全な観客誘導を目指して活動しております。また物流の効率化を科学する先端物流科学講座も立ち上げ、今後の持続可能なロジスティックスに貢献していきます。
<受賞歴>
2006年 著書「渋滞学」にて第23回講談社科学出版賞及び第7回日経BP社BizTech賞受賞
2013年 文部科学省科学技術「科学技術への顕著な貢献 2013」に選出





 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791