講師をカテゴリーで探す

馬渕 磨理子(まぶち まりこ)

経済アナリスト
フィスコ 企業リサーチレポーター
認定テクニカルアナリスト(CMTA®)
公共政策修士

学歴
同志社大学 法学部 卒業
京都大学公共政策大学院 公共政策 修士過程修了
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「世界経済の動向と日本」
「働き方の『アップデート』多様な働き方の実践方法」
「経済政策と企業の経営環境」
「コロナ不況と日本経済の今後」
「各国の金融政策と株式市場の見通し」(厳選個別銘柄)
「中小企業・ベンチャー企業の資金調達環境」~日本・米国・英国における『Equity Crowd Funding』~
主な著書
「黒字転換2倍株で勝つ投資術」(ダイヤモンド社)
経歴
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞。その後、京都大学公共政策大学院へ進学。法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士課程を修了。法人の資産運用・管理を自ら行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かし、フィスコ企業リサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。全国各地でIRセミナーに登壇、プレジデント、SPA!など多数メディア掲載の実績を持つ。現在は、ベンチャー企業でマーケティング・未上場企業のアナリスト業務を担当し、その実務経験を通して企業分析を行う強みを持つ。また、ベンチャー企業の正社員でありながら、独立系の経済アナリストとしてメディア活動をし、金融メディア・フィスコにも業務委託で在籍するという多様な働き方を実践している。しかし、フリーランスの働き方が普及する中、雇用する側・される側の意思疎通ができていないことで、様々な問題が起きていることに着目。正社員でありながら、業務委託、そして自分の会社を持つことは「共に働く仲間とチームの理解がなければ、複数の組織で所属することは難しい」と感じ、自身の経験をもとに、誰もが「多様性を持った働き方」ができる世の中になって欲しいと望み、活動中。誰かの価値観ではなく、自分の価値観で生きる。誰もがしなやかに生きることができる社会すなわち『自分の意思で人生の選択ができる世の中をつくる』ことを目指している。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791