講師をカテゴリーで探す

真壁 昭夫(まかべ あきお)

1953年 神奈川県生まれ

法政大学大学院政策創造研究科 教授
経済学者

学歴
1876年 一橋大学 商学部 卒業
講演可能地域
全国
主な講演テーマ
「日本・世界経済のゆくえ」
「世界経済と金融市場動向~不透明な世界経済と時代の流れをどう読むか、経営のカギを探る~」
「2050年 世界経済の未来史 経済、産業、技術、構造の変化」
「金融革命、フィンテックの正体」
「この不透明な世界経済をどう読むべきか」
「行動ファイナンス理論から見た世界経済の現状と行方」
「激動する世界経済の行方と為替・金相場の見通し」
「TPPによる日本経済への影響」
主な著書
「ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する」(講談社+α新書)
「MMT(現代貨幣理論)の教科書」(ビジネス教育出版社)
「金融マーケットの教科書」(徳間書店)
「2050年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!」(徳間書店)
「行動経済学入門-基礎から応用までまるわかり」(ダイヤモンド社)
「最新 行動経済学入門『心』で読み解く景気とビジネス」 (朝日新書)
「知識ゼロでも今すぐ使える! 行動経済学見るだけノート」(宝島社)
「未知のリスクにさらされる世界の経済」(日本経済新聞出版社)
「金融マーケット 勝つ法則」(朝日新書)
「AIIBの正体」(祥伝社)
「VW不正と中国・ドイツ 経済同盟」(朝日新書)
「日本経済がなければ中国・韓国は成り立たない」(海竜社)
「日本がギリシャになる日」(ビジネス社)
「仮想通貨で銀行が消える日」(祥伝社) 他著書・連載・掲載 多数
経歴
1876年大学卒業後、第一勧業銀行(現:みずほ銀行)に入行。1883年ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社へ出向。ロンドン証券現法トレーディング部長、市場営業部次長、みずほ総研研究本部主席研究員、内閣府経済動向分析チーム、2005年から東証アカデミーフェロー、商工会議所政策委員、信州大学教授、2010年からFP協会評議員。現在、日経CNBC、NHKラジオ・ビジネス展望等のコメンテーター、法政大学大学院教授、多摩大学大学院客員教授。また、行動経済学会評議員、FP協会評議員も兼任する。

 

ご相談はお気軽に 03-3980-1791