頼れる人材、価値ある情報 ・歴史が築く信頼の企画力~だからできるサービスと実績! ・広い分野に多彩な講師陣! ・確実に正確に迅速に対応~それも予算以上の価値と効果! ・文化講演・経営革新・ビジネスセミナーはお任せください! ・文化人・学識経験者・マスコミ関係者多数登録!

はじめての方へ 講師検索
ご相談はお気軽に 03-3980-1791

 AI・脳科学講演会

越川 慎司
越川 慎司
株式会社クロスリバー 代表取締役社長

柳川 範之
柳川 範之
東京大学大学院経済研究科 経済学部 教授

坂本 夏樹
坂本 夏樹
国立大学法人電気通信大学情報理工学研究科 人工知能先端研究センター教授

鈴木 貴博
鈴木 貴博
経営戦略コンサルタント

池谷 裕二
池谷 裕二
東京大学薬学部 教授

波頭 亮
波頭 亮
経営コンサルタント

竹内 薫
竹内 薫
サイエンス作家

黒川 伊保子
黒川 伊保子
人工知能研究者

中野 信子
中野 信子
脳科学者

戸村 智憲
戸村 智憲
日本マネジメント総合 研究所合同会社 理事長

吉田 繁治
吉田 繁治
システムズリサーチ 代表取締役

崔 真淑
崔 真淑
マクロエコノミスト

行動経済学 講演会

狙いを定めてしまうという人間心理を用い、男性用便器の真ん中にハエを描いたシールを貼って的を作り、周りの汚れを減少。年間1億円以上も清掃費用の削減に結びつけた空港があるという話をご存じだろうか?これはノーベル経済学賞を受賞した経済学者リチャード・セイラー氏の“ナッジ”効果による仕掛けを用いている。“ナッジ”を含む行動経済学とは、人間心理を知ることで、より良い選択をするように誘導することである。人間心理を掴みその行動を把握することで、低コストで巨額の経済効果を生む仕組みが出来る。また、人間心理からくる行動を知ることは楽しくもある。楽しく学べ、経済効果につながるの講演会という事で、問い合せが伸びてきた、今注目の分野の講演会。是非、お問い合わせください。

<行動経済学講演会・講師陣>

コントロールできない「不合理な心の動き」に着目し、実験等も交えて解決法を提示!

友野 典男(ともの のりお)
友野 典男(ともの のりお)
明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

講演テーマ:
「行動経済学とは何か」
「行動経済学が明かす、投資家が気をつけたい5つの落とし穴」

Eテレ“オイコノミア”等でも活躍。分かりやすい解説は、若者からも人気!

大竹 文雄(おおたけ ふみお)
大竹 文雄(おおたけ ふみお)
大阪大学大学院経済学研究科 教授

講演テーマ:
「行動経済学でくらしと金融のセンスを磨く」
「日本経済の課題と展望~経済学で再考する~」

東大経済学部を首席で卒業。専門の企業金融・行動ファイナンス他、勉強法の講演会も人気。

小幡 績(おばた せき)
小幡 績(おばた せき)
慶應義塾大学ビジネススクール 准教授

講演テーマ:
「今話題の“行動経済学”は本当に役にたつのか?」
「東京オリンピックの経済効果」

人間の経済心理に着目しながら意思決定を定量的に分析する行動経済学が専門。

依田 高典(いだ たかのり)
依田 高典(いだ たかのり)
京都大学大学院経済学研究科 教授

講演テーマ:
「ココロの経済学入門~今話題の行動経済学って何~」
「ココロの経済学~行動経済学から読み解く人間のふしぎ~」


NEW講師

藤田 志穂(ふじた しほ)
藤田 志穂(ふじた しほ)
一般社団法人全国食の甲子園協会 会長

19歳の時にギャルでもできる!!と会社を設立。ギャル革命・ギャル社長と呼ばれて注目を集めた。起業のきっかけは“ギャル”への偏見を正したかったからだ。ギャルファッションでも働けると頑張ったが、やはり偏見もあり、軌道に乗るまでは辛い事も多かったという。でも言ったからやる、やらなかったら自分に恥ずかしいと頑張ってきた。13年たった今は、ギャルメイク・ファッションではない。年齢と今の仕事に合った格好をするのはTPOだといい、ギャルの特性を活かしたマーケティングを行う会社を退任し、現在は若者が食のあり方について考える「ノギャルプロジェクト」を中心に活動する会社を設立。今も勢いのある会社の相談役として活躍している。
生地 雅之(おち まさゆき)
生地 雅之(おち まさゆき)
株)オチマーケティングオフィス 代表取締役

アパレルに入社後、生産、営業、企画ブランド・マーチャンダイザーを経て、営業部長を歴任。その後、優良企業の取締役に45歳、最年少にて就任。現場視点の実践力で支え、貢献してきた。その後、現場で培ってきた“財務面よりも、企画・営業・マーケティング面に特化したノウハウ”を駆使して企業改革のサポートを実践すべく、会社を設立。「熱い社風(燃える集団作り)」を合言葉に企業改革に手厚いサポートをしてきた。消費者は冷静に「購買の棲み分け」を実行し、消費低迷の時代が続いているが、講師の分析と現場で培ったノウハウから導き出した指導法は、わかりやすく、早速実践に結びつき成果を上げる講演会となっております。
竹中 功(たけなか いさお)
竹中 功(たけなか いさお)
元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役

35年間、吉本興業で活躍。宣伝広報室の設立、「マンスリーよしもと」初代編集長、芸人養成所「よしもとNSC」の開校、プロデューサーとして心斎橋筋2丁目劇場、なんばグランド花月などの開場広報マンとして…等々大活躍した。退職後は、芸人の育成に努め、芸人のトラブルやスキャンダルの「謝罪」を引き受けてきた経験を生かし、危機管理・コミュニティコンサルタント・謝罪マスターとして活動している。昨今“謝罪”の重要性が叫ばれているが、日頃から危機管理に備え、良いコミュニケーションを築くことが大切。そうすれば、“謝罪”しなくても通じるという。その方法 を説く講演会は、受刑者の釈放前教育に使われる程。是非、ご聴講下さい。
天達 武司(あまたつ たけし)
天達 武司(あまたつ たけし)
気象予報士

「とくだね」で人気のお天気キャスター。学校卒業後、就職せずにファミリーレストランの厨房でアルバイトとして働く。食材の仕入れの際に天気に左右される事があり、気象予報士に興味を持つ。そこから猛勉強をし、7回目のチャレンジで超難関の試験を突破する。自身の歩んできた成功を収めるまでの軌跡“あきらめないでチャレンジし続ける事、小さなハードルを作って夢を目指して乗り越えていく事”の大切さはもちろんの事、わかりやすい気象の講演も大人気。「とくだね」で人気を得るまで、視聴者の心をどう掴んだのか等々、気象予報士となってからの講師の取り組みも聴け、1度だけでなく、たくさんの「へぇ~」を言ってしまう講演会です。
堀 エリカ(ほり えりか)
堀 エリカ(ほり えりか)
看護師 ・ 救急救命士

看護師として、様々な現場で十数年にわたり勤務。管理職として実習指導・院内研修にも携わっていたが、患者さんやそのご家族に対する理解・共感を深めるためにイギリスの大学へ留学し、心理学を学ぶ。帰国後、“その人らしい医療を受けるため、患者さんやご家族が抱える悩みや問題を解決するためのサポートを提供する企業”を医療コーディネーターの資格を取り、立ち上げた。その人に合うコーディネートをするには、数多くの病院の実態、医師について、患者さんの症状、ご家族の希望を常に把握しなければならず、大変な事も多いそうだ。また、その知識の多さから、メディアの監修を任される事も。講演では、健康だけでなく、テレビ等の監修の話も聴けてお得感が満載だ。
宮崎 義仁(みやざき よしひと)
宮崎 義仁(みやざき よしひと)
公益財団法人日本卓球協会 常務理事

ソウルオリンピック出場の経験をもつ元卓球選手。第一線を退いた後は、後輩の育成に力を注いできた。特に2001年にナショナルチーム監督に就任すると、小学生のナショナルチームを立上げ、日本の卓球界に一貫指導のシステムを構築。日本卓球協会の大改革を起こした。卓球がまだメジャーではなかった時代で、支援者・支援組織が無い中、孤軍奮闘してきた。希望を持ち、柔軟性を持ちながらも信念を貫くことが大事。人間力なくして技術力の向上無し、指導者は人間力を上げる指導をすること…等々、指導者の指導法の見直しが叫ばれる中、卓球界を背負ってきた講師の言葉は胸に響くものがあります。
小西 克哉(こにし かつや)
小西 克哉(こにし かつや)
国際ジャーナリスト

CNNなどの国際ニュースキャスターとして活動の幅を広げ、現在は大学非常勤講師としても活躍。 テレビ朝日系列「サンデープロジェクト」の初代司会者といえば、思い浮かぶ方も多いだろう。また名通訳としても知られ、英語に関する著書も多数執筆。講演会では、日本ではなかなか理解されていないアメリカや中国の行動原理を分かりやすく解明。また、中国とアメリカについて熟知しているので、メディアでは触れることができない情報を聴くことが出来、なるほど~とついうなずいてしまいます。また、名通訳に聴く英語学習の講演も非常にためになる、分かりやすいと好評です。
白澤 卓二(しらさわ たくじ)
白澤 卓二(しらさわ たくじ)
白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

長寿遺伝子研究の第一人者。80歳でエベレスト登頂を達成した三浦雄一郎さんの主治医である事で有名。メディアにも数多く出演。著書は300冊を超える。細胞の加齢を制御するのに重要な三大要素である「食事」「運動」「生きがい」についても研究しており、そのことで「コントロールして加齢に適応することが重要」。老化や加齢による身体の機能的な衰えを遅らせ、いつまでも若々しく、内面的にも健康で生きる為に、脳と体の両面からアンチエイジング推奨している。聴講後は、いつまでも若々しく元気でいようと爽やかな気持ちになります。
越川 慎司(こしかわ しんじ)
越川 慎司(こしかわ しんじ)
株式会社クロスリバー 代表取締役社長

前職日本マイクロソフトの業務執行役員の際、いち早くテレワーク等の仕組みを導入、経営の効率化・業績向上・離職率低減を実現した経験を持つ講師は、「働き方改革」が政治・行政、企業経営上の重要課題となり注目を浴びているが、「目的と手段をはき違えると失敗するので危険」で、「真の働き方改革」には、「企業の成長」と「社員の幸せ」の両立を目的にしなくてはならないという。500社の分析、26社12万人のコンサルを週休3日で行っている講師の持つ経験と実績と分析から学ぶ「真の働き方改革講演会」は、即実践できると大好評です。
上田 英樹(うえだ ひでき)
上田 英樹(うえだ ひでき)
ドリームサポート株式会社 代表取締役

音楽業界で勤務した後、大手損害保険会社へ転職。独立し、大手総合保険代理店・総合保険代理店勤務を並行しながら、建設業・製造業・物流・運送業事業者を中心に、安全大会を行う。それは、業務災害リスクが高いとされる建設業界に最新の事故とリスクマネジメントの情報を届けたいという熱い使命があるからだ。講演は、誰にでも分かりやすいようにまた、楽しい内容であきないようにクイズやDVDを使用する等工夫されていて、“楽しく学ぶ安全大会”として大好評。是非、ご企画下さい。
川口 一晃(かわぐち かずあき)
川口 一晃(かわぐち かずあき)
金融ジャーナリスト

証券会社や銀行等で11年間ファンドマネージャーをつとめたペンタゴンチャートの第一人者。現在は金融ジャーナリスト等の経済分野のみならす、情報番組コメンテーターやリポーターまた、劇団「コレモナニカノ円」の主宰、脚本・演出を担う等幅広く活躍している。お金の流れを知る=世の中のモノの流れを知ることであり、世の中を知ることにつながる。世の中の流れを知れば、素敵な未来が見えてくると語る講師は、優しい口調で、丁寧で分かり易い講演をすると評判です。
竹原 信夫(たけはら のぶお)
竹原 信夫(たけはら のぶお)
有限会社 産業情報化新聞社 代表取締役

フジサンケイグループの日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、約30年間記者活動を行った後、独立。年間約500人の中小企業経営者に取材し、月刊紙「日本一明るい経済新聞」を発行している。数多くの中小企業経営者に取材して、元気経営の秘密を探ってきた。そこで得た経営のヒント、営業力、社員のがんばり、3S運動、女子社員の活用、社内コミュニケーション等々を伝授する元気経営についての講演会は、聴講後、前向きな気持ちになり、元気がもらえます。
五十嵐 信博(いがらし のぶひろ)
五十嵐 信博(いがらし のぶひろ)
研修ファシリテーター・人材育成コンサルタント

建設会社で総務・人事を経験後、スタッフ部門のシェアードサービス子会社化を担当。人事担当として、また管理職として養った問題意識を背景に、マネジメント、コミュニケーション、メンタルヘルス、キャリアなど、人に関する広いテーマに対応し、講演や研修を行っている。体感型研修で「わかる」から「できる」への「気づき」研修や講演が得意分野。小さな一歩を踏み出す事で、キャリアや人生は変わるもの。学ぶ、やってみる…自分を変える前向きな一歩を提供する講演会は人気です。
児玉 光雄(こだま みつお)
児玉 光雄(こだま みつお)
スポーツ心理学者

日本でも数少ないプロスポーツ選手・スポーツ指導者のコメント心理分析のエキスパート。スポーツ界各分野のチャンピオンや、ビジネス界の成功者をさまざまな分野から分析し、ビジネスの能力開発推進にも力を注いでいる。プロスポーツ選手をメンタル面で支えながら、スポーツの天才の思考・行動パターン分析のエキスパートとして得た知識を講演会・メディア等を通じて発信することにも尽力している。一流となった人々の成功の秘訣を知りたいという声は多く、講演会は10年間で700回を超える。大人気の講師である。
山崎 真理(やまさき まり)
山崎 真理(やまさき まり)
接遇心理アドバイザー 

NHK高知放送局でDJを担当後、全日空グランドスタッフとして高知空港に8年間勤務。接遇インストラクターとして活躍していたが、接遇は心理学でアプローチする時代がきたと確信し、独立。接遇心理アドバイザー・「問題解決型」研修講師として、自身の見出した「値引き」のからくりの法則性等々、ビジネスパーソンの心の問題を一瞬で解決に導いてきた。メリハリのある研修スタイルは「心に響くセミナー」の代名詞がつき、人気を博している。
塚原 美樹(つかはら みき)
塚原 美樹(つかはら みき)
(株)ヒューマン・リスペクト 代表取締役社長

「マインドマップ」開発者“トニー・ブザン”から直接指導を受け、公認インストラクターとなる。 頭の中で考えていることを大きな紙に描き出す“マインドマップ”。自分の考えていることが誰に でも分かってもらえることでスッキリし、商品開発等のビジネスチャンスにつながるという。また、フォトリーディングの公認インストラクターでもある。様々な能力を身に着けることで、ビジネスに広がりが出るという。そのセミナーや講演会も楽しく参加できる工夫がされています。ビジネスに広がりを持たせたい方、是非計画してみてください。
市来 広一郎(いちき こういちろう)
市来 広一郎(いちき こういちろう)
NPO法人atamista 代表理事

熱海に生まれ、熱海で育ち、熱海がにぎわっていた時とたった数年で廃墟のようになっていった移り変わりを目の当たりにした。一度東京で就職したものの、豊かな自然と味わいある街並みの残る“熱海の魅力”を再認識し、コンサル会社で培ったビジネス手法を用いて街づくりに関わりたいとUターン。官にはできない民の力を集め、熱海再生を成功させた講師。熱海に活気が戻ってくるまでの軌跡は、地域再生で悩んでいる方やビジネスで行き詰っている方必聴の元気・勇気・希望がいっぱい詰まった講演会です。
武者 陵司(むしゃ りょうじ)
武者 陵司(むしゃ りょうじ)
エコノミスト

「強気の代表格」といわれている株式分析の第一人者。大和総研アメリカでチーフアナリストとして米国のマクロ・ミクロ市場を調査その後、ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト、ドイツ証券副会長を経て、武者リサーチを設立。「論理一貫」「独立不羈」「歴史的国際的視野」をモットーに、経済と金融市場分析と中長期予想を目的とし、調査レポートなど情報サービスの提供を行っている。講師の緻密に調べ上げた経済の動向を聴ける講演会は、必聴です。
村上 輝康(むらかみ てるやす)
村上 輝康(むらかみ てるやす)
株式会社NTTドコモ 取締役(独立、社外)

「いつでもどこでも誰でも、繋がるネットワーク」“ユビキタスネットワーク”という概念を提唱し、普及に努めた講師。野村総合研究所において、研究員、コンサルタント、現場の管理者、経営者として44年間務めた後、企業経営の望ましい姿についての提言を行うことを目的とし、国の戦略と企業の戦略を繋ぐ「産業戦略」のあり方を調査研究する機関を立ち上げた。また、サービソロジーについての専門でもあり、講演では、サービソロジーについて聴きたいという要望も多い。難しい分野や専門分野と思われがちだが、丁寧にわかりやすく心に届くような講演で、充実しています。

ページの先頭へ戻る

 

最終更新日:

ご相談はお気軽に 03-3980-1791